Web予約はこちらから

サロンシャンプーと市販のシャンプーどっちがいいのか?という疑問

2021 10/24
サロンシャンプーと市販のシャンプーどっちがいいのか?という疑問

『美容室のシャンプーと市販のシャンプーって何が違うの?』

『市販のシャンプーのなかで美容師さんからみておすすめなのって何かない?』

たまにそんな質問をされるんですがそれって一言で答えるのが難しいんですよね。

今回はサロンシャンプーと市販のシャンプーの違いについてのお話です。

目次

サロンシャンプーと市販シャンプーどっちがいいの?

サロンシャンプーは以前からアミノ酸系ベースの洗浄成分で作られていて頭皮にも髪にも優しいものが多かったので昔はサロンシャンプーの方が圧倒的にお勧めでした。

でも次第に市販のシャンプーの中にも良質な界面活性剤を使ったシャンプーが増えてきたのでけっして市販シャンプーが悪いとは思わなくなりました。

ただ、市販の良いシャンプーは値段もそれなりに高いです。

なので値段的にはサロンで販売しているシャンプーとそんなに大差がないのも事実です。

そうなってくるとお客さまそれぞれの「髪のダメージケアを優先したいのか?」「地肌への優しさを重視したいのか?」「コストを重視したいのか?」といったシャンプーを選ぶ理由が大事になってくると思うんですね。

市販のシャンプーを自分で選ぶということは自分の肌質・髪質・ダメージ具合を考えた上でシャンプーやコンディショナーを選んでいかなければならないので当然間違えた商品を購入してしまうかもしれません。

そういった意味では美容師がお客様のニーズに合ったシャンプーをセレクトできるという意味でサロンシャンプーのほうが失敗はないのかなと思います。

自分に合わないシャンプーを購入してしまって、また違うシャンプーを買うならかなりの無駄使いになりますからね。

市販のシャンプーの中では何がおすすめ?

市販のシャンプーのなかで、しいて言うと何がおすすめかとたまに聞かれますが、正直いうと市販のシャンプーは膨大な数があるし僕は僕に合ったシャンプーを毎日使っているのでわかりません。

もちろんお店で扱っているシャンプーの特性は理解しています。

洗浄成分だけで判断するならなんとなくはわかるけどシャンプーって複雑なんですよね。

たまにシャンプーのボトル裏の成分表示だけで解析してる美容師がいるけどそれっておかしな話なんです。

すべての成分が何%ずつ配合されているのかわからないし、どの順番で反応させて作ったかでも仕上がりが違うからです。

食材を教えてもらっただけでチャーハンが美味しいかどうかってわからないですよね?

それと同じです。

シャンプーの製造をしている方に昔お話しを伺ったら

「シャンプーを製品化するのはとても難しくて同じ成分を集めてつくらせてもその人のセンスがでる」

とおっしゃっていました。

僕が何をいいたいのかと言うと、専門学校くらいしかでていない美容師の僕がシャンプーの裏の成分をみただけで「これはいい」「それは駄目だわ」といい切るのはナンセンスだという事です。

せめて使ってみないことにはわからないんですよね。

誤解のないように付け加えますが、ラウレス硫酸Naがメインのシャンプーで僕がいいと思うシャンプーはないです。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naなんかもラウレス、ラウリル系に変わってさり気なく増えてきましたが基本的には良くないと思っています。

少なくとも僕は頭皮に優しい事をシャンプーには求めているので。

でも肌や髪の事よりも安さを求めている人にはいいのかもしれないので決してそういうシャンプーが「悪」だとは言えないという事です。

最近市販のシャンプーの中でも良質なアミノ酸を使っているシャンプーが出てきているのが個人的に興味があり、いくつか自宅でも試してはいます。

まぁ、それなりだなというものが多いんですけどね。

ネットシャンプーってどうなの?

サロン専売シャンプーやスーパーでも購入できる市販シャンプーに加えて最近存在感を高めているのがネットシャンプーですよね?

ネットシャンプーって言うのが正しいのかネット通販シャンプーというのかよくわかりませんがネットだけで直接販売しているシャンプーです。

最近だとharuシャンプー、ハーブガーデンシャンプーなどは良くお客さまにもどうかのかと聞かれます。

メンズ用だとブラックシャンプー、モンゴ流、チャップアップとか・・・

これは僕も試しに購入して使ってみたんですが正直かなりクオリティの高いシャンプーでした。(ここではどれがとは言わない)

きっと美容師さんってこういうシャンプーの事をダメ出ししますよね。

僕はお店でシャンプーをたくさん売って儲けてやろうなどは思っていないので正直にいいますが、市販シャンプーやネットシャンプーがどんどん進化してきているのに比べるとサロンシャンプーは新しい商品が出てもそんなに内容的には変わっていない印象です。

それもそのはず、

  • 市販シャンプーは従来のように安いものではなくて思い切って2000〜3000円台の価格でクオリティの高いものを出してきている。
  • ネットシャンプーは卸ディーラーや美容室、スーパーといった販売店が間に入っていないぶん内容成分にしっかりコストをかけてなおかつサロンシャンプーと同等かそれ以下まで価格を下げて販売している(定期購入などの条件つきで)

こういった事情がありますので。

それに比べてサロン専売シャンプーは専売といいつつも大手販売店で割引して売られていたりAmazonや楽天で安く販売される始末・・・

うちのお客さまでも最初だけ当店で購入されて

「気に入ったから次回からは楽天で購入している」

という方が結構いらっしゃいます。

僕はそういうの全然気にならないので大丈夫ですけど(笑)

だってお客さまの立場を考えると便利な時代じゃないですか。

サロンシャンプーといえば少し前には全国的に有名な某オーガニックシャンプーが成分表記をごまかしていたというショッキングなニュースがあり、これには全国の美容師も戦慄しました。

サロンシャンプーがこの先どうやって違いを出していくのかを見守っていくしかないですね。

*うちで扱ってるシャンプーはおすすめできるいいシャンプーです。

まとめ

サロンシャンプーや市販シャンプーやネットシャンプーの現状と僕なりの考えについてまとめてみました。

髪のダメージや肌の乾燥やかゆみといったトラブルがある方にはサロンシャンプーでおすすめなものを勧めていますが、金銭的な問題もあってどうしても市販シャンプーを使いたい方もたくさんいるでしょう。

そういう方には「うちのシャンプーを使ってくれないなら知りません」というのではなく市販のシャンプーの中からオススメなものをアドバイスできるような美容師でありたいと思っています。

それでは、今日はこのへんで。

オオニシ シュウイチの画像
オオニシ シュウイチ
サロンオーナー
白髪や髪のパサつきといった大人女子の悩みを解消するエイジングケアが得意。基本的におとなしい性格です。美容師歴20年くらい。ネコとパンダが好きです。
目次
閉じる