薄毛

旦那の薄毛が気になる時は・・・!?AGA男性型脱毛症の対策方法

『最近旦那が髪が薄くなってきたのを気にしてるんだけどどうしたらいいのかしら?』

 

旦那さんの薄毛が気になってる奥さんって案外多いんですよね。。

でも知識がないと男の薄毛はしょうがないもの・・・って諦めていませんか?

 

僕も実際に髪が少し薄くなってきたんだけどいくつかの薄毛対策をする事である程度薄毛の進行を抑える事ができているので情報を共有したいと思います。

 

旦那さんが薄毛になってきても諦めないでください。

昔に比べて今は色々な薄毛対策があります。

 

お金は少しかかるけど(^_^;)

AGA男性型脱毛症ってなに?

旦那さんの薄毛対策を説明するまえに、まずはAGAについて。

 

30代後半〜40代くらいになって額の生え際や頭頂部あたりの頭皮が透けてきたらそれはほぼAGAによる脱毛だと考えていいでしょう。

AGA(男性型脱毛症)というのは早い人だと30代、通常だと40代くらいからじょじょに進行していく脱毛症のことでAGAの悩みを抱えてる人は全国で1260万人いるそうです。

 

もちろん世界中の男性が悩んでいます。

 

僕もちょっとあぶないので早速対策をしています。

まぁ、薄毛になっても気にしていない人もいると思いますけどね。(それが理想です)

 

ちなみに『アガ』ではなくて『エージーエー』です。

 

AGAでどのように薄毛になってしまうのかを簡単に説明すると

男性ホルモン(テストステロン)が5αリダクターゼという酵素と結びつくことでDHT(ジヒドロテストステロン)という強力なホルモンに変化する。

このDHTが髪の毛を作っている毛母細胞の活動を制限する事で髪の成長が妨げられてしまう。

という仕組みです。

 

髪の毛って通常は「成長期」とういう段階だと男性は4~6年間は毛が毎日成長しつづけるのが普通なんですがDHTに妨害されると数ヶ月しか成長できずにそのまま休止期に強制的に移行してしまうんですね。

つまり初期のAGAは髪が抜けて薄くなっているというよりは細くて短い毛が増えるせいで地肌が透けて見えるということなんです。

 

実際に僕もAGAが急激に進んだ時は細くて短い抜け毛が洗面台でも目立ちました。

細くて短い抜け毛が増えたらほぼ間違いなくAGAだと思っていいでしょう。

 

そしてAGAは厄介な事に進行性の脱毛症なんです。

 

つまり歯槽膿漏のように放っておいて治るものではないので対処しないとどんどん進んでしまう脱毛症なんですね。

 

毛が細くなるという「毛のミニチュア化」を放って置くといずれ一番大事な毛包幹細胞まで枯渇してしまって二度と毛が生えなくなってしまうようなのでAGAは初期段階のうちにいかにミニチュア化をくいとめるか?が重要になります。

具体的に言うと男性ホルモンと5αリダクターゼがくっついてDHT(ジヒドロテストステロン)になるのを妨害するのが一般的な対処方法です。

具体的なAGAの薄毛対策は!?

AGAは基本的には専門のクリニックなどに行き薬を飲みながら治療していくのが一般的です。

AGAに効果のある薬は

  • ミノキシジル(外用)
  • プロペシア(フィナステリド)
  • サガーロ(デュタステリド)

といった薬が有名です。

ミノキシジルは血圧降下剤でもともと高血圧の治療薬として開発していたもので研究の過程で体毛が増える事がわかって髪の毛の発毛の研究に転用されたものです。

ミノキシジルには血管拡張作用があって血流を高める効果があります。

毛母細胞にも直接働きかけて細胞分裂を活性化させる働きもあるので積極的に髪を生やすということで「攻め」の効果がある薬です。

 

プロペシアサガーロといった薬は主にテストステロンと5αリダクターゼが反応してDHTになる事を防ぐ薬です。

DHTの命令がなければ髪の成長期がストップすることもないので髪のミニチュア化を防ぐ事ができるので「守り」の役割の薬です。

AGA治療にはミノキシジルとフィナステリド系の薬を両方服用し「攻め」と「守り」を同時に行う治療方法が一般的です。

ただこれらの薬は効果も高いかわりに副作用もあるので注意が必要なんです。

ミノキシジルはそもそも血圧降下剤なので服用すると動悸がしたりめまいを感じるといった副作用がわりと多く報告されています。

フィナステリド系の薬の場合はそんなに強い副作用を感じる人は少ないみたいですがまれに男性機能障害肝機能障害がみられる場合があるそうです。

ちなみにこれらの薬は男性用であって『私も薄毛が気になるから・・・』などといって気軽に女性が飲んではいけません。

ミノキシジルは体毛が濃くなるケースが多いのと、フィナステリドに至っては妊娠中の女性が飲んでしまうと胎児が男の子だった場合生殖器が正常に発達しないなどといった危険があるみたいです。

というか日本皮膚科学会で定めた男性型脱毛症と女性型脱毛症の治療ガイドラインではミノキシジル内服は推奨度D(行うべきではない)となっているんですね・・・。

特に動悸や気分が悪くなるといった副作用に耐えられなくて途中でやめる人が多いほどです。

*僕は超低血圧だしご存知のように何度も倒れてるような体質なので怖くて飲んでいません。(2019年も新年早々に家で倒れました。笑)

上から3番目のミノキシジル外用というのは日本でいうとリアップ(ミノキシジル5%配合)の事です。女性用のリアップリジェンヌはミノキシジル1%配合です。

ミノキシジルやフィナステリドといった薬はネットの個人輸入でも購入できるしジェネリックならオリジナルよりもかなり安く購入することができるみたいです。

でも副作用の問題もあるのでもしこれらの薬を服用するならやっぱりAGAの専門クリニックに行ってプロの診断を一度聞いたほうがいいでしょうね。

特にミノキシジルの副作用は体質的に合わない場合はあぶないと思います。

そのほかの副作用の無いAGA対策は?

どちらかというと薬による治療はガチな対策方法です。

もちろん1番即効性があるんだけどそのぶんお金もかかりますしね。

AGAのクリニック受診料とミノキシジルやプロペシアの薬代をあわせるとまともにかかると月に3万くらいかかるでしょうか?

*通ってないから正確にはわかりません

 

実際にはお金や副作用のリスクは嫌だから他の方法でAGA対策をしている男性の方が多いでしょうね。

その場合のAGA対処法は主に

  • 育毛剤を使用する
  • 育毛サプリメントを飲む
  • 低出力レーザーを使う
  • 生活習慣に気をつける

この4つです。

順に説明します。

育毛剤でAGA対策

法律的に発毛剤を名乗れるのは日本では今のところミノキシジル配合のものだけです。

国内の男性用だと

  • リアップX5プラス
  • メディカルミノキ5

薬局やドラックストアで普通に購入できます。

海外だと

  • ロゲイン
  • カークランド
  • ポラリス
  • フォリックス

などが有名みたいです。

ちなみにこれらの海外の発毛剤は日本では承認されていないのでドラックストアなどでは販売していません。

 

それに対して育毛剤は頭皮の環境を整えたり血行を高める効果だとか炎症を抑えたり頭皮のターンオーバーを改善するような成分が配合されたものが多いです。

ただ時代は進化しているのでどんどん可能性のある成分も登場しています。

その中でもここ最近だとキャピキシル配合の育毛剤が実際に効果があるとして支持されています。

キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果がありつつ皮膚への刺激が少ないという事で非常に注目されている成分です。

僕はキャピキシルとピディオキシジルという成分が入っている育毛剤を最近は使用してます。

効果はどうでしょうねぇ・・・

気のせいか地肌が透けていた部分が濃くなった感じはあります。

育毛サプリメントでAGA対策

テストステロン+5αリダクターゼ=DHT(ジヒドロテストステロン)でしたね。

結局のところDHTさえ作られなければ薄毛になるのを大幅に軽減できるので5αリダクターゼを抑制する効果のあるサプリメントを摂取するのも基本的なAGA対策の1つです。

  • 亜鉛
  • ノコギリヤシ
  • イソフラボン

この3つは実際に5αリダクターゼの働きを抑制する効果のある成分として育毛サプリの鉄板です。

全部まとめて入ってる育毛サプリが便利そうだけど亜鉛やイソフラボンって食事でもけっこう簡単に取れるし全部入ってるサプリは値段も高いので僕はノコギリヤシだけ飲んでます。

低出力レーザーでAGA対策

低出力レーザーを頭皮にあてることでミトコンドリアが活性化して髪の毛の成長因子であるATP(アデノシン)が増えると言われています。

成長因子は活動休止していた毛母細胞に「休んでないで髪を作れ!」というシグナルを送るので髪の「成長期」が正常化して本来の太さのしっかりとした髪の毛をつくる事ができる。

というものです。

これってけっこう昔からアメリカでは扱われていた家庭用のAGA治療器なんですが2017年に国内でも日本皮膚科学会のガイドラインで推奨度Bの認定を受けた事でにわかに人気な治療法です。

*上から5段目 LEDおよび低出力レーザー照射は有効か? →B

2018年にはアデランスからも低出力レーザー「ヘアリプロLEDプレミアム」が発売されて話題になっていました。

ちなみに僕は本場アメリカのヘアマックスを購入して試しに使っています。

生活習慣でAGA対策

その他にもかかせないのがやっぱり生活習慣なんですよね。

色々ありすぎるんですが重要な事だけまとめると

  • 7時間以上の睡眠
  • バランスの良い食事
  • できれば毎日有酸素運動
  • ストレスを溜めない

この4つの見直しが大事です。

順に説明します。

7時間以上の睡眠

女性の皆さんなら良くご存知のように人間は睡眠をする事によって細胞分裂に必要な成長ホルモンを分泌したり身体や心のメンテナンスを行っているんですね。

睡眠不足が続くとイライラしたりちょっとした事でカリカリしませんか?

特に成長ホルモンは肌の新陳代謝や毛母細胞の活動を活発にするための成長因子に関わってくるので絶対に必要なものです。

ちなみに22時から翌2時までが成長ホルモンの分泌されるゴールデンタイムといわれているけど実際には時間帯はそんなに関係なく眠りに入ってからの3時間以内に成長ホルモンは最も分泌されるという事がわかっています。

むしろ眠りにつく時の状態が大切でスマホをいじりすぎたりイライラしたり不安な気持ちのまま眠りにつくと副交感神経が優位な状態なので成長ホルモンが上手く分泌されないようなので注意ですね。

睡眠時間が5.5時間を切ると急激に薄毛になりやすいという報告を何かでみた記憶があります。

睡眠はたっぷり7時間以上がいいみたいですね。

バランスの良い食事

髪の毛に必要な栄養素は

  • タンパク質
  • ビタミン
  • ミネラル

です。

特に髪の主成分はケラチンというタンパク質なのでビタミンや炭水化物ばかり食べていてもタンパク質が不足すると髪はやせ細ってしまいます。

ビタミンやミネラルは毛細血管のメンテナンスや細胞分裂やタンパク質の合成に必要なのでこれらが不足するとやっぱり薄毛の原因になりやすいんですね。

結局の所バランスよくいろいろなものを食べるのが1番良いんだと思います。

髪の毛に良い食べ物と栄養は?育毛を意識した食事のすすめ髪に良い食事や食べ物や栄養についてまとめました。髪や頭皮のためにはバランスの良い食事が必要ですね。タンパク質、ビタミン、ミネラルを意識して毎日の食事にすこしでも取り入れていきましょう。...

できれば毎日有酸素運動

できないんですよねこれが・・・。

有酸素運動は手っ取り早いところではウォーキングが1番いいんですがちょっと歩くだけというよりはしっかりと30分以上は歩くのが効果的なんです。

よく見かける動画です。

30分を越えたあたりから全身の血流が良くなるのがわかります。

頭の隅々まで血液を届けるには全身の血流が良くないとだめなんですよね。

AGAに関していうと有酸素運動で汗をかくことでAGAの原因のDHTを汗で体外に出す効果もあるみたいです。

その他にも有酸素運動を一定時間続けるとセロトニンというリラックスホルモンがたくさん分泌されてくるのでストレスがす~っと消えていく効果もあります。

でも毎日そんなに歩くのは案外難しいんですよね・・・

僕は今めちゃくちゃ運動不足です。笑

ストレスを溜めない

身体の増体には2種類あってひとつはリラックスした副交感神経が優位な状態。

もうひとつは緊張や興奮した交感神経が優位な状態です。

身体のメンテナンスや髪の毛を作ったりするのはリラックスした状態の時に行われて、緊張状態というのは言い換えると戦闘状態なので身体のメンテナンスは一旦ストップしていつでも戦えるように筋肉が緊張したり心拍数を上げて神経が高ぶるようにできています。

この時に分泌されるのがストレスホルモンです。

ストレスホルモンってストレスに耐えるために重要なホルモンみたいです。

でもストレスホルモンを作り出すには大量のビタミンやら髪に必要な栄養素を消費してしまうのと同時に成長ホルモンの働きが弱くなってしまう事がわかっているのでストレスは髪の毛にとって何の得にもならないんですね。

常にストレスで緊張状態だと髪も頭皮もどんどん弱っていくという事です。

ストレスを解消するにはたっぷり睡眠をとったり有酸素運動などでセロトニンを分泌して中和させるのが効果的です。

AGA男性脱毛症対策のまとめ

ちょっと長くなってしまいましたが実はまだまだ細かいところが伝えきれていないので後々別の記事としてお伝えしていきたいと思います。

AGAは進行性の脱毛症なんですが案外みなさん手遅れになるまで放っておく男性が多いような気がします。

進行性っていうのはステージが進めば進むほど回復は難しくなるものなんですよね。

本来だとまだそんなに薄くなっていない状態からこういったAGA対策を始める事が大事かなと思います。

まぁ、男の価値って髪の毛の有無じゃないんですけどね。

 

そうですよね奥さん?